にきび 日焼け止め

にきび肌でも日焼け止めは使って良いのか

にきび肌でも日焼け止めは使って良いのか

 

にきび肌で日焼け止め

 

にきびができてしまった肌には刺激を与える事が最もやってはいけない行為になります。にきび肌に悩んでいる人であれば、できる限り肌を触らず刺激を与えないとの知識が念頭にある人も多いはずです。

 

 

 

ところが紫外線量が増える夏の時期になると、にきびの次に気になるのが日焼けです。外に出る機会は夏でも冬でも変わらないものですが、ニキビに悩んでいる人にとっては日焼け止めの使用に関して困惑してしまう事もあるでしょう。

 

 

 

にきびが出来てしまっている肌にも日焼け止めを使って良いのかと言えば、結論から言えば問題ありません。ただしそれは日焼け止めの成分によって左右されます。

 

 

 

もちろんにきびが出来ている箇所には余計な物を塗らず触らないでいる事が最善ではありますが、そうかと言って直射日光に当ててしまうのも大きなトラブルの元となります。

 

 

 

たとえばにきび跡がある個所であれば、紫外線が長く当たる事によって色素沈着が起こりやすくなります。

 

 

 

また、紫外線を浴び続けていると肌がどういった状態になるかを考えれば、固く乾燥しがちになり角質が詰まりやすい状況を作る事にもなるのです。

 

 

 

そのためにきび肌に悩んでいる人であっても、紫外線対策は適度にした方が悪化を防ぐためにも良いと言えます。

 

にきびがある肌に使用しても良い日焼け止め

 

にきびがある肌に使用しても良い日焼け止めにはどんなものがあるのでしょうか。日焼け止めの成分は、紫外線吸収剤を使っているタイプのものと、紫外線散乱剤を使っているタイプの物との二種類に分けられます。

 

 

 

にきび肌のように肌が敏感な状態になっている人の場合、極力成分が弱い物を選んだ方が良い事になります。そこでにきびがある人が選ぶべき日焼け止めは、紫外線散乱剤を使用している商品です。

 

 

 

紫外線散乱剤は肌の表面で紫外線を跳ね返す仕組みを持つ日焼け止めであり、紫外線吸収剤に比べて肌への負担が少ない事がわかっています。

 

にきび肌でも日焼け止めは使って良いのか

 

お店で日焼け止めを選ぶときのコツは、紫外線吸収剤不使用と書いてある商品を手に取る事です。あるいはノンケミカルといった表記がなされている場合もあります。

 

 

 

また、紫外線カット率を表すSPFについても、肌への負担を確認する上での見るべき点になります。日焼け止めの効果が高いとされるのはSPF50と書かれている商品ですが、紫外線のカット率が高い分、肌には大きく負担となってしまう事もあります。

 

 

 

そのためにきびが出来てしまっている肌につけるべき日焼け止めは、SPF20やSPF30程度で十分です。問題なく紫外線を防ぐ事ができ、肌にも過度な負担はかかりにくくなります。