にきび ストレス ホルモンバランス

にきびとホルモンバランスの関係。ストレスが引き起こすトラブル

にきびとホルモンバランスの関係。ストレスが引き起こすトラブル

 

にきびとホルモンバランスの関係

 

にきびとホルモンバランスは密接に関わっています。女性の体内には女性ホルモン以外にも、男性ホルモンも含まれています。女性ホルモンの方が割合が多い事が通常ですが、ストレスが原因となり女性ホルモンが減少し、反対に男性ホルモンが増えてしまう事もあるのです。

 

 

 

にきびに関連付けて男性ホルモンと女性ホルモンの作用を比べてみた時、女性ホルモンの代表格であるエストロゲンはにきびができるのを防いだり、あるいは出来てしまったにきびを改善させたりする効果を持っています。

 

 

 

女性の中にはなんらかの治療の過程でピルを服用する人がいますが、ピルを飲んだ事によってにきびの状態が改善したと感じる人も少なくありません。

 

 

 

これはピルそのものがにきびに作用したと言う訳ではなく、ピルによってエストロゲンの分泌量が安定した事でにきびが抑えられたのです。

 

 

 

エストロゲンは多ければ多いで女性特有の体内疾患に繋がってしまう事もあるため、一概に増やせば良いというものではありません。しかしエストロゲンが減りすぎてしまうと、肌荒れやにきびなどの諸症状が発生してしまうのです。

 

 

 

一方で男性ホルモンはアンドロゲンと呼ばれる物が主なホルモンとなります。エストロゲンに対し、アンドロゲンはにきびを作り出し、または悪化させる作用を持ったホルモンです。

 

 

 

女性の体内では基本的にエストロゲンが優位に働いています。ところがひとたびバランスが崩れて男性ホルモンが優位に立ってしまうと、アンドロゲンの作用によって皮脂が過剰に分泌されやすくなり、にきびが出来やすい肌を作り上げてしまうのです。

 

ホルモンバランスが崩れる原因

 

ホルモンバランスが崩れる原因は生理周期によるところの他、その多くはストレスであると言われています。ホルモンのバランスが崩れてトラブルが発生しやすくなりやすいのは、大人ニキビの特徴です。

 

 

 

あごやフェイスラインなど、Uゾーンににきびが出来やすい状態にある時には、ホルモンのバランスが崩れてしまっている事を疑いましょう。

 

にきびとホルモンバランスの関係。ストレスが引き起こすトラブル

 

最も良い対策はストレスをなくすことですが、働く社会人にとってそれは簡単な事ではありません。そこででき得る対策方法としては、食生活を改善して体内からホルモンを支えて行く事です。

 

 

 

また、睡眠不足であることは体にとってのストレスにもなります。バランスの取れた食事と十分で質の良い睡眠時間を取る事により、ホルモンバランスが崩れないような習慣を作る事も必要になります。

 

 

 

体に良くない事は体にとってのストレスですから、精神面だけではなく、体内のケアもにきびケアには欠かせません。