にきび よくない食べ物

にきびによくない食べ物はどんなもの?

にきびによくない食べ物はどんなもの?

 

にきびによくない食べ物

 

にきびは悪化させたり繰り返したりしていると、一生消えない跡に残ってしまうことが珍しくありません。にきびができたら、出来るだけ早めに対策するようにしましょう。

 

 

 

にきびができてしまったら、洗顔や保湿をするとともに、食生活も改善したいものです。にきびによくない食べ物というと、まずは糖分の多いものがあげられます。

 

 

 

ケーキやジュース、チョコレートといったものは、栄養バランスが悪く糖分過多という特徴があります。糖分は生きていく上で欠かせないものではありますが、必要以上に摂取すればにきびなどの困った症状が現れます。

 

 

 

糖分は体内に入るとビタミンBなどによって分解され、体を動かすためのエネルギーに変換されていきます。しかし、過剰に摂取すれば使い切ることができず、脂質として体内にどんどん蓄積されていってしまいます。

 

 

 

この皮脂が、毛穴を詰まらせてにきびの原因となるのです。また、糖分の多い食品や炭水化物は、血糖値をあげやすいという特徴があります。

 

 

 

血糖値が上がれば、それを下げようとインスリンが分泌されるのですが、このインスリンも、皮脂分泌を盛んにする作用があります。白米や、食パン、じゃがいもといったものもにきびにはよくない食べ物といえます。

 

過剰摂取に注意してにきびを改善する

 

また、油っぽいものもにきびに良くない食べ物です。肉の脂身やバターなどを過剰に摂取すると、皮脂量をコントロールできなくなってにきびの原因となってしまいます。

 

 

 

他にも、刺激の強い食べ物には注意が必要です。激辛カレーやトウガラシといったものは胃腸にダメージを与えるので、消化機能を低下させたり新陳代謝を悪くしてしまうことがあります。

 

 

 

新陳代謝が悪くなると皮膚の生まれ変わりが遅くなるなどして、不要なものがいつまでも皮膚の上に残ることとなってしまうのです。適量であれば良い影響を与えることはありますが、過剰な摂取は禁物です。

 

にきびによくない食べ物はどんなもの?

 

また、アルコールやカフェインの摂取量にも気を付けましょう。これらも、適量なら良くても摂り過ぎればにきびの原因となってしまいます。

 

 

 

アルコールは意外と糖分が含まれていますし、血管拡張作用によって皮脂がたくさん分泌されやすくなります。特に炎症を起こしている場合は悪化させる可能性があるのでアルコールは控える必要があります。

 

 

 

アルコールは体内に入ると無毒化させなければならないので、その分、肝臓に大きな負担となって血液中に毒素を増やすこととなってしまいます。このような原因となる食べ物を控えることが、にきびの早期改善につながります。