にきび対策 食生活の見直し

頑固なにきび対策には食生活の見直しが欠かせない

頑固なにきび対策には食生活の見直しが欠かせない

 

にきび対策には食生活の見直し

 

にきびが繰り返しできる場合、食生活の見直しをしてみる必要があります。頑固なにきびを改善させるには、洗顔をしっかりしたり、にきび対策用の化粧品を使うだけではなく、食事の内容が適切かどうかを振り返ってみることが非常に重要なのです。

 

 

 

にきびは、皮脂が過剰に分泌されるなどして毛穴が詰まったことが原因で発生しやすくなります。このことから、にきびを改善させるには、皮脂の分泌量をコントロールすることが不可欠といえます。

 

 

 

しかし、食べ物の中には皮脂の分泌を促進させるものがたくさんあるので、これらを摂り過ぎていないかチェックしてみるのが効果的です。

 

 

 

ジャンクフードなどは油脂がたっぷりと含まれていますし、糖分がたっぷりと入ったケーキやチョコレートなども脂質の蓄積につながります。

 

 

 

しかも、このような食べ物はビタミンなどの栄養素が非常に少ないので、摂取しても速やかにエネルギーに変換されず、脂肪の蓄積を増やしてしまうのです。

 

にきびを改善させる食べ物

 

にきびを改善させるには、前述したビタミン類の他、食物繊維や乳酸菌などを積極的に摂取するようにしましょう。

 

 

 

胚芽米や納豆に多く含まれるビタミンBは、肌のターンオーバーをサポートしてくれますし、新たな皮膚を作るのに大切な役割をしています。また、美肌といえば代表的な栄養素がビタミンCです。

 

 

 

肌表面が酸化するのを強力に抑えて、ニキビが悪化するのを防いでくれますし、にきび跡が残ってしまった場合にも有効です。ビタミンCは、緑黄色野菜や新鮮なフルーツに含まれています。

 

 

 

そして、ビタミンCとともに酸化を抑えてくれるのが、いくらやすじこに含まれているビタミンEです。ビタミンEには血行促進効果もあるので、皮膚の生まれ変わりに必要な栄養素が隅々にまで行きわたるようになります。

 

頑固なにきび対策には食生活の見直しが欠かせない

 

他にも、皮膚や粘膜の働きをサポートしてくれるビタミンAなども積極的に摂ると良いでしょう。ビタミンAはレバーなどに多く含まれています。

 

 

 

また、食物繊維は便秘の解消につながるので、間接的ににきび対策となります。体内に不要となったものの塊である便がいつまでも腸に残っていると、やがて腐敗して毒素を排出するようになります。

 

 

 

すると、その毒素は血液にのって全身に回り、にきびの原因となってしまうからです。食物繊維は、ごぼうやまめ類などに含まれています。

 

 

 

さらに、同じく便秘の解消に効果的なのが乳酸菌です。乳酸菌は腸内バランスを整えて働きを良くする効果があります。ヨーグルトや納豆、ぬか漬けなどを積極的に摂るようにしましょう。