敏感肌 にきび

敏感肌でにきびができやすい人はどうしたら良い?

敏感肌でにきびができやすい人はどうしたら良い?

 

敏感肌でにきびができやすい人

 

いつもと違う化粧品をつけるとピリッと染みたり、日光に当たると湿疹ができたりするのが敏感肌だといわれています。敏感肌だと、ちょっとしたことでトラブルが起きやすく、にきびがすぐにできる場合もよくあります。

 

 

 

また、このような症状はもとから持っている人もいますが、中には大人になってから肌質がガラリと変わって敏感肌になることもあるので注意が必要です。

 

 

 

敏感肌の中でも、特に肌の奥が乾燥しているインナードライタイプの人はにきびが発生しやすいといえます。

 

 

 

肌の奥にある角質層の水分が十分でないと肌のバリア機能が低下するので、少しの刺激でも肌はダメージを負って敏感肌に拍車をかけてしまうからです。

 

 

 

敏感肌でにきびができやすい人は、日頃のお肌のケアは特に丁寧にする必要があります。洗顔は決して肌をこすらずに、肌の上で洗顔フォームの泡を転がすような感じで優しく洗浄しましょう。

 

敏感肌でにきびができやすい人はどうしたら良い?

 

また、洗顔料が肌に触れているだけでも刺激になることがあるので、あまり長い時間をかけないようさっと済ませることも大切です。

 

 

 

化粧水はにきび対策の化粧水を使いたいところですが、殺菌・抗菌作用、消炎作用のある化粧水も強い刺激になることもあります。

 

 

 

 

敏感肌用であることを優先し、化粧水では保湿対策につとめるようにすると良いでしょう。また、洗顔の最後には十分にすすいで洗顔料が顔に残らないように気を付けなくてはいけません。

 

 

 

洗顔料には刺激の強い成分が含まれていることが多いので、皮膚に長時間残ったままではかなりのダメージを受けてしまいます。敏感肌の人は、ほんのわずかな洗顔料であっても、トラブルに発展してしまうことがあるのです。

 

メイクやクレンジングにも注意

 

他にも、メイクやクレンジングは肌には大きな負担となるので、外出しない日にはメイクは控えるようにするのもおすすめです。また、メイクをしている場合には、1日の終わりに必ず丁寧なクレンジングを行ってメイク料のすべてを落としてしまいましょう。

 

 

 

クレンジングをおろそかにすると、メイク料が肌に残ったままとなり、そこからにきびが発生しやすくなります。クレンジング剤にも種類がありますが、敏感肌の人はクリームタイプを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

オイルタイプはすっきりとメイクを落としてくれますが、必要な皮脂まで落としてしまいますし、刺激の強い界面活性剤が使われていることが多いのでおすすめではありません。

 

 

 

クレンジングをする時も、洗顔と同様に肌をこすらずに行い、しっかり洗い流します。