お肌 にきび跡 対策

お肌に残ったにきび跡。効果的な対策方法は

お肌に残ったにきび跡。効果的な対策方法は

 

にきび跡の対策方法

 

にきび跡に悩む人は、男性の中にも女性の中にも多くいます。にきびが跡に残ってしまう原因は、まず考えるものとして自分で潰したり誤ったケアをしてしまったりした結果です。

 

 

 

にきび跡はにきびができた肌周辺の組織が傷ついてしまっている状態なので、無理に外からダメージを与えると傷となって残ってしまうのです。

 

 

 

しかし、にきびができた時に触るのを我慢していても、いつまでも赤みが残ってしまうと言う場合もあります。これはにきびが治りきらず、炎症したまま跡になって定着してしまっている状態です。

 

 

 

さらにこの炎症した状態で直射日光に当たり、紫外線にさらされ続ける事によって色が茶色っぽく変色してしまう事もあります。

 

 

 

そのためにきびができた時にはとにかく不用意に触らず、肌の状態を整えてくれるビタミンCをできるだけ多く摂りながら、紫外線対策も欠かさず行う事が大切になります。

 

にきび跡の種類

 

ここで、にきびの跡は大きく二つの種類に分類する事ができます。一つはクレータータイプと言われ、もう一つが炎症タイプと言われるものです。

 

 

 

クレータータイプは肌の表面にでこぼことした跡が残ってしまうのですが、この原因の多くはお肌の状態や体質であると言われています。

 

 

 

肌の表面だけではなく組織内部にまでダメージが届いてしまっているため、専門機関でレーザー治療を施してもらう事が最も効果的な対策方法になります。

 

 

 

残念ながら自力で元に戻すことは難しいため、早い段階で医者に診てもらう事がお勧めです。

 

 

 

その一方で炎症タイプであれば、クレータータイプに比べて随分症状は軽いと言えます。炎症タイプのにきび跡であっても、もちろん専門機関で治療は受け付けてもらえますが、より簡易的にという事であれば自宅で対策をする事が可能です。

 

お肌に残ったにきび跡。効果的な対策方法は

 

炎症タイプのお肌の状態は、単に赤くなっているだけの場合と、紫外線を浴びるなどして茶色く色が変わってしまっている場合とがあります。

 

 

 

炎症を抑えるためには何が有効かと言えば、自宅で出来るのがビタミンCを多く含む食べ物やサプリを積極的に取り入れる事です。

 

 

 

ビタミンCは炎症を鎮めてくれる作用を持っているので、食事に気遣う事から始めるのが大切になります。紫外線に当たる事もなるべく避け、外出時はUVカットの基礎化粧品を使うと良いでしょう。

 

 

 

また、生き物の細胞は日々古いものから新しいものへと生まれ変わっていますから、お肌も当然に新しく再生させる事ができます。

 

 

 

これをターンオーバーと言いますが、ターンオーバーを正常にさせるためにも規則正しい食生活や睡眠は重要です。乱れた生活習慣を改善し、常に肌の保湿を心掛ける事で、炎症型のにきび跡は自然に改善していきます。