赤にきび 黒にきび 白にきび 治療方法

白にきび・黒にきび・赤にきび、それぞれの治療方法は?

白にきび・黒にきび・赤にきび、それぞれの治療方法は?

 

にきび別の治療

 

にきびは、症状の度合いに応じて白にきび、黒にきび、赤にきびと色が変化していき、治療方法も変わってきます。

 

 

 

最初に現れるのは白にきびです。にきびもごく初期の段階では白色をしており、アクネ菌はまだ繁殖していません。にきびの中に詰まっているのは、皮脂や角栓です。

 

 

 

この段階での治療方法は、丁寧な洗顔をして清潔にすることに尽きます。洗顔料はツノが立つくらいしっかりと泡立て、肌と指の間に常に泡があるような状態でマッサージするように洗浄しましょう。

 

 

 

また、洗顔料が顔に残ると刺激になるので、すすぎは十二分に行うことも大切です。そして、洗顔後は肌が乾燥する前に、化粧水で十分に保湿をするようにします。

 

 

 

乾燥させてしまうと、皮膚は乾燥を防ごうとさらなる皮脂を分泌させてしまうからです。この段階で洗顔と保湿を徹底させることができれば、かなり高い割合でにきびを改善させることが可能です。

 

進行したにきび

 

しかし、にきびを進行させてしまうと、やがてその表面は黒色を帯びてきます。黒色の正体は、白にきびの表面が空気に触れて酸化したことによるものです。

 

 

 

黒にきびは、白にきびが変色したものなので、この段階でもまだアクネ菌は繁殖していません。前述したような丁寧な洗顔と保湿を心掛けることが黒にきびの治療方法です。

 

 

 

また、皮膚科などに行くと毛穴詰まりを解消する治療薬を処方してもらえる場合があります。他にも、皮膚科ではレーザーなどで毛穴に詰まった角栓を取り除くという治療方法があります。

 

白にきび・黒にきび・赤にきび、それぞれの治療方法は?

 

黒にきびの状態でも改善できなかった場合には、にきびは次第に赤みを帯びて赤にきびに変化していきます。この段階ではアクネ菌が発生しており、状態によってはかなり増殖していることが考えられます。

 

 

 

アクネ菌は炎症を起こす物質を発生させてしまうので、強い痒みが出ることがよくあります。しかし、掻いてしまえばにきびに強い刺激となるので、掻くのはどうにかして我慢することが必要です。

 

 

 

痒くてどうしようもない時には、にきび用のローションをコットンに浸してパックのようにするのも良いでしょう。ひんやりとして痒みが抑えられるはずです。赤にきびにまで発展してしまったら、できれば皮膚科で治療するのが望ましいといえます。

 

 

 

また、もしも赤にきびも改善できなかったとすれば、症状はさらに進行して黄色を帯びることがあります。黄色の正体は膿です。

 

 

 

ここまでくると、アクネ菌だけではなく黄色ブドウ球菌なども増殖しているので、速やかに皮膚科に行って治療するようにしましょう。抗生物質や内服薬などを処方してもらえます。