にきび 芯

にきびの芯は自分で出した方が良いの?

にきびの芯は自分で出した方が良いの?

 

にきびの芯

 

にきびの芯は、毛穴に詰まった皮脂や古い角質が酸化して硬くなったものや膿などです。赤いにきびはアクネ菌が炎症を起こしたものですが、実はこのアクネ菌はどんな人の皮膚にでも住み着いています。

 

 

 

しかし、皮脂を好む性質を持つことから、皮脂の固まりであるにきびの芯ができるとその周りにどんどん集まってきて、やがて炎症を起こさせて真っ赤なにきびが出来上がってしまうのです。

 

 

 

にきびができると、中にある芯が気になって外に出したくなったことのある人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、ヘタに自分でいじればにきびを化膿させて、凸凹としたクレーターのような跡が残ってしまうこともあるので注意が必要です。とはいえ、実はにきびの芯は出してしまった方がにきび自体の治りが早くなります。

 

 

 

そのため、皮膚科などのクリニックに行くと、保険治療でにきびの芯を出してもらうことができます。

 

 

 

自分でもできなくはありませんが、芯を出した後に消毒など適切な処置を怠ると、雑菌が入るなどしてにきびが悪化し、跡に残ってしまうことがあります。

 

 

 

気になって指で触るのがクセになってしまう人もいますが、潰す気はなくともうっかり潰してしまうことがあるので、にきびには決して触らないようにすることが大切です。

 

クリニックでにきびの芯を出す方法

 

クリニックでにきびの芯を出す方法は、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)と呼ばれています。前述のように赤くなる前の白いにきびに行えば、炎症を起こすのを防ぐことが可能です。

 

 

 

クリニックでは、患部を消毒してから、針やレーザーなどでにきびに穴を開けてから、専用の器具を用いてにきびの芯を取り出します。

 

 

 

面皰圧出は、治療を受けた患部が熱により殺菌されることから、その後はにきびが出来づらくなるというメリットもあります。

 

にきびの芯は自分で出した方が良いの?

 

このように、クリニックでは最初ににきびに穴を開けて行うわけですが、自分で指で押し出す方法だと、圧力で皮膚が避けるなどして大きなダメージを与えてしまうので絶対にやめましょう。

 

 

 

しかし、にきびは日ごろからのケアをしっかりしていれば、たいていの場合は最小限の症状で抑えることが可能です。

 

 

 

特に炎症を起こす前の白いにきびの段階でなら、丁寧な洗顔や保湿、食生活の改善に取り組むことで改善させることが十分に可能です。

 

 

 

まずは、にきびの原因である過剰な皮脂を洗顔で取り除き、芯が形成されるのを未然に防ぐようにしましょう。同時に、肌のバリア機能を高めるために化粧水で水分を補い、脂っこいものや糖分の多い食べ物は控えることも重要です。