お尻にきび 原因 治療 予防

お尻にきびは何故できる?原因と治療法、合わせて知っておきたい予防法

お尻にきびは何故できる?原因と治療法、合わせて知っておきたい予防法

 

お尻にきび

 

にきびは顔だけにできるものではありません。実はお尻はとてもにきびのできやすい場所の一つです。べたつくほど汗をかくわけではありませんが、蒸れやすく圧迫や摩擦を受けやすいなど、にきびができる原因がいくつもあるのがお尻なのです。

 

 

 

お尻にきびは、長時間座りっぱなしになるデスクワークの人で、きつい下着をつけている場合は特に注意が必要です。座りっぱなしで圧迫を受け、きつい下着で摩擦を受けていれば、強い刺激でお尻の角質はどんどん厚くなってしまうからです。

 

 

 

しかも、お尻は意外と皮脂も分泌されていることから毛穴が詰まりやすいという特徴があるのです。また、お尻にきびは圧迫される箇所にできやすいことから、座ると強い痛みを生じてしまうこともあります。

 

 

 

デスクワークの人は仕事に集中できなくなることもあるので、お尻にきびができたら、速やかに治療するようにしましょう。

 

お尻にきびの治療

 

お尻にきびは、絶対につぶしてはいけません。出来るだけ刺激を与えないようにして、早めに皮膚科などの医療機関を受診するようにしましょう。お尻にきびと非常に似たものに粉瘤(ふんりゅう)やおできがあります。

 

 

 

粉瘤とは出来物の内部に垢や脂が溜まった良性の腫瘍で、おできは毛穴の奥に細菌が侵入して化膿したものです。

 

お尻にきびは何故できる?原因と治療法、合わせて知っておきたい予防法

 

おできは清潔にするなど適切にケアしていれば自然と治る場合が多いですが、粉瘤となるとそう簡単に治らず、時には手術が必要となることもあります。

 

 

 

決まって同じ場所にできる、非常に強い痛みを伴うといった場合には、迷わず医療機関を受診するのがおすすめです。

 

お尻にきびの予防

 

できてしまったものはできるだけ早く治療する必要がありますが、それと同じくらい大切なのが予防です。まずは、何よりもお尻をいつも清潔にするよう心掛けましょう。

 

 

 

便座やお風呂の椅子は、思った以上に汚れているものです。特に不特定多数の人が利用する場所では、よく拭いてから座るようにすると良いでしょう。

 

 

 

また、蒸れやすいお尻は、化学繊維でできた下着を毎日付けていると、どうしても蒸れてニキビができやすくなるものです。お尻にきびに悩んでいる人は、通気性のあるコットンの下着を選ぶようにしましょう。

 

 

 

さらに、皮脂の過剰分泌を抑えるために、油ものや甘いものの摂り過ぎには注意が必要です。他にも、睡眠を十分にとる、バランスの良い食事をとるといったことも大切です。

 

 

 

このような基本的なことを怠ってしまうと、肌のターンオーバーが乱れて、お尻の角質はより一層硬く厚くなってしまいます。