胸 にきび 原因 治療 予防

胸ににきびができる原因とその治療法 効果的な予防法は?

胸ににきびができる原因とその治療法 効果的な予防法は?

 

胸ににきびができる原因とその治療法

 

胸は、体の中では背中に次いでにきびができやすいところなので、ケアを怠れば跡に残ってしまうこともよくあります。胸の大きく開いた服を着れば人目に付きやすいので、日ごろからお手入れをしてキレイなデコルテを保ちたいものです。

 

 

 

胸ににきびができる原因は、皮脂分泌が盛んな部分だからです。夏ともなれば胸の谷間には大量の汗が流れ込んでくるので、適宜拭き取るといったことをしないでいると、たちまちにきびができてしまうのです。

 

 

 

また、胸のにきびは、生活習慣や食生活の乱れが原因で起こりやすいことも特徴です。夜更かしをしていたり、ジャンクフードなどばかり食べていると、ビタミンが不足してにきびができやすくなります。

 

 

 

また、皮脂で汚れたままの下着をつけていることも、胸ににきびができる原因の一つとなります。

 

 

 

下着はナイロンなどの化学繊維でできたものの場合、それだけでも肌にはダメージを与えてしまいますし、締め付けていたのでは通気性が悪くなって雑菌が繁殖しやすくなります。

 

胸ににきびができる原因とその治療法 効果的な予防法は?

 

さらに、ラメの入ったボディーローションやジェルも、肌が敏感になっている時には大きなダメージとなってしまうでしょう。

 

 

 

胸にできたにきびを治療するなら、ピーリングがおすすめです。滞りがちな肌のターンオーバーが促され、ダメージを負った角質が早く剥がれていきます。ピーリングといっても、医療機関やエステサロンで行うものばかりではありません。

 

 

 

自宅で手軽にできるものが出回っているので利用してみると良いでしょう。入浴の際に体を洗うようにしてできるピーリング剤などもあります。

 

 

 

ただし、ピーリングした後の肌はデリケートな状態なので、お風呂上りには素早く水分補給してあげることも大切です。ローションを付けた後には、ボディクリームなどで水分が蒸発しないように蓋をしてあげましょう。

 

胸のにきびを予防

 

胸のにきびを予防するには、常に肌を清潔にしておくことが有効です。ピーリングで角質ケアをするとともに、毎日の入浴で丁寧にデコルテ部分を洗うようにします。

 

 

 

また、ボディソープなどが肌に残ると毛穴を詰まらせる原因となるので、すすぎを十二分に行うことも大切です。そして、にきびが悪化している時には、下着は化学繊維ではなく、肌にやさしく汗も吸収しやすいコットンなどを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

さらに、にきびがひどい時には特に食事の内容に注意が必要です。油ものや甘いものは避けるようにし、野菜や果物、大豆などを積極的に摂るようにしましょう。