頭皮 にきび 原因 治療 予防

頭皮にもにきびができる!その原因と治療法 予防はどうする?

頭皮にもにきびができる!その原因と治療法 予防はどうする?

 

頭皮のにきび

 

シャンプーをしている時に、頭皮にポツっという異物ができているのを感じたことはないでしょうか。

 

 

 

頭皮は普段目にすることがないので気づきにくいですが、それはにきびの可能性があります。にきびができるのは顔だけではなく、実は頭皮にもできることがあります。

 

 

 

頭皮ににきびができる原因は顔にできるにきびと違いはなく、過剰な皮脂などが原因です。

 

 

 

しかし、顔と違うのは、頭皮は毛穴の数が多く密集していることから皮脂がたくさん分泌されることや、シャンプー剤などの刺激を受けやすいことです。

 

 

 

すすぎ残しや汚れが溜まったり、強い刺激も受けた頭皮は、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。そこにアクネ菌が増殖すれば、たちまちにきびができてしまうでしょう。

 

 

 

頭皮は顔の皮膚と同じくらいデリケートにも関わらず、とてもにきびが出来易い環境にあるのです。また、ストレスが溜まれば顔の皮膚と同じように頭皮にもダメージが現れます。

 

頭皮ににきびができてしまったら

 

頭皮ににきびができてしまったら、決して潰してはいけません。汚れが溜まりやすい頭皮では、他の部分以上に悪化させてしまう危険があります。

 

 

 

また、ヘアケア剤なども刺激を与える原因となるので使用は控えるようにし、枕カバーも毎日取り換えて清潔なものを使うようにしましょう。さらに、シャンプーは刺激の少ないアミノ酸系のものを使うのもおすすめです。

 

 

 

指の腹で丁寧に頭皮を洗浄し、すすぎは十二分に行うことが予防につながります。とはいえ、清潔にしようと過度に洗いすぎるのは逆効果となるので気を付けなければなりません。

 

 

 

皮脂を必要以上に取り除くと、体の防衛反応が働いて、それまで以上に多くの皮脂を分泌するようになるからです。

 

頭皮にもにきびができる!その原因と治療法 予防はどうする?

 

しかし、これらのことに気を付けていてもにきびが治らない場合は、皮膚科などで治療を受けるようにしたいものです。

 

 

 

医療機関では、ステロイド剤などの外用薬の他、内服薬なども処方してもらえますし、症状が深刻な場合にはレーザー治療という方法もあります。にきびができやすい人は、毎日の食生活にも十分な配慮が必要です。

 

 

 

油っこいものや糖分の多い食事が多い場合は控えるようにし、ホウレン草など、肌のターンオーバーを正常にするビタミンAを含む食品を積極的に取り入れるようにしましょう。

 

 

 

また、夜更かしが続けばホルモンバランスが乱れ、皮脂分泌を盛んにする男性ホルモンが多量に分泌されるようになります。夜は遅くとも12時には布団に入るようにし、質の良い睡眠をとるよいにしましょう。