顎(あご) にきび 原因 治療 予防

顎(あご)ににきびができる原因とは?治療や予防はどうすればよい?

顎(あご)ににきびができる原因とは?治療や予防はどうすればよい?

 

顎(あご)ににきびができる原因

 

にきびのよくできる箇所といえば、鼻の頭や頬、おでこなどでしょう。しかし、にきびは顎(あご)にできることも多くあります。

 

 

 

鼻の頭や頬、おでこのにきびが思春期によくできるとすれば、顎(あご)のにきびは大人になってからよくできるといって良いでしょう。

 

 

 

また、顎(あご)は手で触れる頻度が高いことから雑菌が繁殖しやすい箇所であり、一旦できるとなかなか治らないという特徴もあります。

 

 

 

顎(あご)ににきびができる原因の一つは、ホルモンバランスの乱れだといわれています。特に女性の場合、生理前になると決まってこの部分ににきびができるという人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

女性は生理周期でホルモンバランスが刻々と変化していきますが、生理前になると皮脂分泌を盛んにする黄体ホルモンの影響が大きくなるからです。

 

 

 

このような変化は男性に見られるものではありませんが、男性らしさを作っている男性ホルモンは、もともと皮脂分泌を盛んにする働きがあります。

 

 

 

また、顎(あご)などは、ヒゲ剃りを頻繁にすることからダメージを受けやすく、男性もにきびができやすい箇所といって良いでしょう。

 

あごにきびの治療や予防

 

また、男性女性問わず、現代人は、ストレスを受けやすい環境にあり、睡眠不足や生活習慣の乱れなどもホルモンバランスを容易に乱す原因となってしまいます。

 

 

 

強いストレスを受けると、男女ともに男性ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂分泌が促進されて顎(あご)ににきびができやすくなります。にきびはいつもホームケアで治しているという人もいますが、医療機関に行くと適切な治療が受けられます。

 

顎(あご)ににきびができる原因とは?治療や予防はどうすればよい?

 

毛穴の詰まりを取ったり炎症を防ぐ塗り薬を処方してもらえますし、初期段階であれば、専用の器具でニキビの芯を取り出してもらうことも可能です。これらの治療は保険の対象となっています。

 

 

 

しかし、せっかく治療しても、繰り返しやすいのが顎(あご)のにきびなので、毎日の習慣でしっかり予防することが大切です。前述のように、原因の一つであるホルモンバランスの乱れは生活の乱れからくることが多いです。

 

 

 

ストレスを上手に発散するようにし、睡眠をたっぷりと取ってバランスの良い食事を摂るよう心掛けましょう。また、1日2回程度の丁寧な洗顔で、毛穴に詰まったメイクや皮脂汚れを取り除くことも基本的なことです。

 

 

 

洗顔料が残らないようにすすぎは十二分に行い、終了後は速やかに化粧水を付けて肌を整えてあげましょう。化粧水をにきび対策用のものに代えるのも効果的です。