大人にきび 原因 治療 予防

大人にきびの原因と予防。重度の時には治療も必要

大人にきびの原因と予防。重度の時には治療も必要

 

大人にきびの原因と予防

 

子供の頃のにきびが鼻や額のラインにできやすかったと記憶している人は多いです。しかしそれに対し、大人になってからできるにきびは顔だけでなく首の方まで広範囲にわたっています。

 

 

 

その中でも大人にできやすいにきびの箇所と言えば、Uゾーンと呼ばれる頬やあごの部分です。大人になってからできるにきびは治るまでにも時間がかかり、更に良くない事に何度も同じところに再発してしまう事が多いです。

 

 

 

治ったと思ったらまた再び赤く炎症し出す他、女性であれば生理周期などのホルモンバランスも原因として密接に関わってくる場合があります。

 

にきびには段階によって種類が分類

 

そもそもにきびには段階によって種類が分類されています。にきびができ始めるもっとも初期の段階では、赤いできものの中に白っぽい脂のようなものが溜まっている状態がほとんどです。

 

 

 

この初期段階のにきびの事を白にきびと言います。この白にきびの箇所に皮脂や雑菌が蓄積していき、黒っぽく変色していった物が黒にきびです。また、赤い炎症を引き起こしているにきびは赤にきびと言います。

 

 

 

放置しているとにきび跡にもなる恐れがあるため注意が必要ですが、この赤にきびがより一層悪化すると黄にきびになります。炎症した患部の中に膿みが溜まり、痛いと言う症状を誘発させます。

 

にきびの原因と予防法

 

これらのにきびの原因は皮脂にあると捉えられがちですが、実際は乾燥肌がにきびを招いている事がほとんどです。

 

 

 

さらに仕事のストレスや忙しさによる生活習慣の乱れなど、現代人ならではの日々の行動はホルモンバランスを崩す原因にもなります。

 

大人にきびの原因と予防。重度の時には治療も必要

 

生活習慣やホルモンバランス、肌の乾燥などが少しずつ肌のダメージとして現れ、治りにくいにきびができてしまうのです。大人にきびの予防方法としては、常に自分で行う事ができる行動に含まれています。

 

 

 

バランスの良い食事をとり、しっかりと睡眠時間を確保する事は健康の面でも大切です。その上で肌の保湿を心掛ければ、正しいターンオーバーを実現できる肌が保たれる事になります。

 

専門のクリニックで治療

 

ところがいくら自分で予防していても、完璧にうまくいくとは限らない事もあるでしょう。そう言った場合には専門のクリニックで治療をしてもらう事も検討するべきです。

 

 

 

クリニックにもよりますが、最近のにきび治療ではイオン導入を勧めているところもあります。

 

 

 

肌にごくごく軽い電流を流して保湿成分をより浸透させやすくする効果が見込まれるため、自分では十分に行いきれなかったケアも、クリニックに行く事によって細部まで行き届くようになります。

 

 

 

まずは予防から、できてしまった時には赤にきびや白にきびの初期段階で治すことが必須なのです。