にきび つぶす 跡

にきびをつぶすとどうなるか。にきび跡を残す最大の要因

にきびをつぶすとどうなるか。にきび跡を残す最大の要因

 

にきび跡を残す最大の要因

 

にきびは潰してはいけないと良く聞くはずです。ところが白にきびや黒にきびのように初期段階の状態にあり、中に脂肪が溜まっているようなにきびは潰しても大丈夫であるとされています。

 

 

 

もちろん触らないに越したことはありませんが、うっかり潰れてしまった場合でも白にきびの場合にはそこまで心配する必要はありません。

 

 

 

ただし潰す際に周辺の肌を傷つけてしまったり、清潔ではない手で行ってしまうと悪化させてしまう事があります。

 

 

 

また、白にきびを無理に潰す事によっても跡に残ってしまう事になるので、どうしても潰したいときにはまずは清潔を心掛け、極力は専用のキットを使って白にきびの芯を取り除くと良いでしょう。

 

赤にきび

 

しかし潰してもある程度は大丈夫なにきびがある一方で、赤にきびのように悪化して炎症を引き起こしてしまっているにきびは触る事を最大限控えなければなりません。

 

 

 

赤にきびは炎症が広がって赤く腫れ上がっていると言う大きな特徴があります。そしてその外見的な特徴の他にも、痛みや熱っぽさを持っていると言う自覚症状が現れます。

 

 

 

人によってはかゆみが出る事もあるため、その分余計に触りたくなってしまうのが赤にきびでもあるのです。ところが赤にきびはつぶすことが厳禁であるのはもちろんの事、触るだけでも良くないとされているにきびです。

 

 

 

触ると言う行為は肌にとっての刺激となります。にきびの炎症によって敏感な状態になっているにきびであれば尚更の事、触るだけでもダメージとして捉えられてしまうのです。

 

にきびをつぶすとどうなるか。にきび跡を残す最大の要因

 

また、人の手には多くの雑菌が付いています。清潔にしているつもりであっても、目に見えない菌が付いた手で肌に触るのはトラブルの元となります。

 

 

 

ただでさえ炎症と言うダメージを抱えている肌に、その上から雑菌が付着してしまえば良くないのは言うまでもありません。悪化する原因しか招かないため、赤にきびができた肌は極力触らないようにしなければならないのです。

 

 

 

触るだけでも悪化の原因となる赤にきびを、潰そうとするのはもっての外の行為です。赤にきびを潰した場合、色素沈着が起こりやすくなるため肌に黒ずんだ跡を作ってしまいます。

 

 

 

それだけではなく更に肌の状態が悪ければ、潰すと言う過度の負担を受ける事によってクレーター状の跡を残す事にもなりかねません。

 

 

 

一度肌にでこぼこができてしまうと、治療して完治するまでには相当な時間がかかってしまいます。故意にではなく万一潰れてしまった場合にはすぐに洗い流して清潔を保ち、十分な保湿ケアを迅速に行いましょう。